タイトルイメージ 本文へジャンプ

大学院特別講義(集中講義)

このページでは、研究室における『大学院特別講義』について紹介します。


これまでの大学院特別講義
2017年度大学院特別講義
  • 講師 : 松尾 正之 氏 (新潟大)
  • 題目 : 不安定核の相関・励起と原子核密度汎関数理論
  • 日程 : 7月19日、20日、21日
  • 備考 : 教室談話会「密度汎関数理論で原子核反応を記述する」が行われました。

2016年度大学院特別講義
  • 講師 : 石井 理修 氏 (RCNP)
  • 題目 : 格子QCDによる核力・ハイペロン力
  • 日程 : 2月20日、21日、22日
  • 備考 :

2015年度大学院特別講義
  • 講師 : 岡 真 氏 (東工大)
  • 題目 : QCDからハドロンへ:ハドロンスペクトロスコピーの新展開
  • 日程 : 12月14日、15日、16日
  • 備考 : 教室談話会「重いクォークを含むハドロンのスペクトロスコピー」が行われました。

2014年度大学院特別講義
  • 講師 : 大西 明 氏 (基研)
  • 題目 : 高密度物質と中性子星の物理
  • 日程 : 7月8日、9日、10日
  • 備考 : 7月9日に教室談話会「実験・観測・理論で解き明かす中性子星物質 状態方程式」が行われました。

2010年度大学院特別講義
  • 講師 : 萩野 浩一 氏 (東北大学)
  • 題目 : 不安定原子核の多体論
  • 日程 : 10月19日、20日、21日
  • 備考 : 10月20日に教室談話会「ボロミアン原子核における双中性子相関」が行われました。

2009年度大学院特別講義
  • 講師 : 矢花 一浩 氏 (筑波大学)
  • 題目 : フェルミ多粒子系ダイナミクスの計算科学
  • 日程 : 10月28日、29日、30日
  • 備考 : 10月29日に教室談話会「時間依存平均場理論の最近の発展」が行われました。

2008年度大学院特別講義
  • 講師 : 国広 悌二 氏 (京都大学)
  • 題目 : カイラル有効理論に基づくクォーク・ハドロン多体系の物理学
  • 日程 : 6月23日、24日、25日
  • 備考 : 6月24日に教室談話会「有限温度・密度におけるクォーク準粒子描像」が行われました。

2007年度大学院特別講義
  • 講師 : 延與 佳子 氏 (京都大学基礎科学研究所)
  • 題目 : 軽い原子核のクラスター構造
  • 日程 : 10月10日、11日、12日
  • 備考 : 10月11日に教室談話会「軽い原子核の奇妙な構造 -Cアイソトープのクラスター構造-」が行われました。

2005年度大学院特別講義
  • 講師 : 大塚 孝治 氏 (東京大学大学院理学研究科教授 )
  • 題目 : 不安定核とスピン・アイソスピン
  • 日程 : 10月31日、11月1日、2日
  • 備考 : 11月1日に談話会「エキゾチックな原子核 -300から7000へ-」が行われました。

2004年度大学院特別講義
  • 講師 : 初田 哲男 氏 (東京大学大学院理学研究科教授 )
  • 題目 : 量子色力学に基づくハドロン物理学
  • 日程 : 2004年10月18日、19日、20日
  • 備考 : 台風23号の為、20日の講義ができなくなるおそれがあったので、20日の講義1講分を19日の談話会終了後に実施。

連絡先

九州大学理学部理論核物理研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL 092-802-4101 (内線 8072)
FAX 092-802-4107 (代表 要宛名)

   Nuclear Theory Group, Department of Physics, Kyushu University