タイトルイメージ 本文へジャンプ

研究室の行事

このページでは、研究室において定期的に行われている行事について紹介します。

毎週金曜日の午前13時30分より、教員と大学院生が順番に速報(文献紹介)を行っています。
金曜日午後4時00分から九大原子核セミナーを開催しています。

また、1年に1度外部から先生をお招きし、集中講義を行っていただいています。

速報(文献紹介)
国内・海外学術雑誌に載っている重要論文を紹介し、天下の形勢に目を配る。



金曜日の午前13時30分より行われる。 スタッフ・院生が毎週 1人、交替で担当している。(50音順)
M1は途中(おそらく後期あたりから)参加ということになっています。

文献紹介のページは こちらからも行けます。
九大原子核セミナー
原則的に月に2〜3回、金曜日の16時30分から1時間半程度行われている定例セミナーです。
主に九大外部の講師に、 最新の研究成果を話していただいています。
原子核セミナーの予定につきましては、 当ページにて告知されますが、 それとは別に、メールでも10日前前後に告知しております。
メール希望、またセミナーについての御質問は、 セミナー担当(佐々木 sasaki_at_email.phys.kyushu-u.ac.jp, _at_を@に変えてください )までご連絡下さい。

九大原子核セミナーのページは こちらからも行けます。

M1ゼミ
大学院に入ってくると、修士1年の一年間は、原子核構造のゼミと原子核反応のゼミ、ハドロン物理のゼミを受けることになります。
これによって、基本的な知識を身につけ、自分が将来研究したい分野を選ぶきっかけを探すことになると思います。


M1ゼミの風景

M1歓迎遠足
毎年5月くらいに、新M1を歓迎し遠足に出かける。
かなり前(20年くらい前?)には登山を行っていたというが、最近では近くの公園・博物館・美術館・テーマパークに行っている。
必ずしも『遠足』というほど『遠くまで歩いて』いるわけではない。 (軟弱になったともいう人がいるが・・・)
大学院特別講義
2010年度大学院特別講義
  • 講師 : 萩野 浩一 氏 (筑波大学)
  • 題目 : 不安定原子核の多体論
  • 日程 : 10月19日、20日、21日
  • 備考 : 10月20日に教室談話会「ボロミアン原子核における双中性子相関」が行われました。

2009年度大学院特別講義
  • 講師 : 矢花 一浩 氏 (筑波大学)
  • 題目 : フェルミ多粒子系ダイナミクスの計算科学
  • 日程 : 10月28日、29日、30日
  • 備考 : 10月29日に教室談話会「時間依存平均場理論の最近の発展」が行われました。

2008年度大学院特別講義
  • 講師 : 国広 悌二 氏 (京都大学)
  • 題目 : カイラル有効理論に基づくクォーク・ハドロン多体系の物理学
  • 日程 : 6月23日、24日、25日
  • 備考 : 6月24日に教室談話会「有限温度・密度におけるクォーク準粒子描像」が行われました。

2007年度大学院特別講義
  • 講師 : 延與 佳子 氏 (京都大学基礎科学研究所)
  • 題目 : 軽い原子核のクラスター構造
  • 日程 : 10月10日、11日、12日
  • 備考 : 10月11日に教室談話会「軽い原子核の奇妙な構造 -Cアイソトープのクラスター構造-」が行われました。

2005年度大学院特別講義
  • 講師 : 大塚 孝治 氏 (東京大学大学院理学研究科教授 )
  • 題目 : 不安定核とスピン・アイソスピン
  • 日程 : 10月31日、11月1日、2日
  • 備考 : 11月1日に談話会「エキゾチックな原子核 -300から7000へ-」が行われました。

2004年度大学院特別講義
  • 講師 : 初田 哲男 氏 (東京大学大学院理学研究科教授 )
  • 題目 : 量子色力学に基づくハドロン物理学
  • 日程 : 2004年10月18日、19日、20日
  • 備考 : 台風23号の為、20日の講義ができなくなるおそれがあったので、20日の講義1講分を19日の談話会終了後に実施。

連絡先

九州大学理学部理論核物理研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL 092-802-4101 (内線 8072)
FAX 092-802-4107 (代表 要宛名)


   Nuclear Theory Group, Department of Physics, Kyushu University