九大原子核セミナー

九州大学の原子核理論と原子核実験の共同開催のセミナー

第944回九大原子核セミナー

2018年3月1日(木) 16:30〜18:00

講師:Jirina Stone 氏(Tennessee大学)

演題:Superheavy nuclei in the Quark-Meson Coupling model

場所:ウェスト1号館7階 物理会議室 (W1-A-723室)

概要:
The fundamental problem of low energy nuclear structure is the understanding the change of the free nucleon-nucleon force in the nuclear medium. Commonly used forces of the Skyrme or Gogny type, with their empirical medium density dependence, cannot be determined uniquely. Hundreds of such forces have been constructed, fitting their numerous correlated parameters to selected experimental data. We report a single, four-parameter form of the density dependent effective nucleon-nucleon force based on modification of the nucleon structure in-medium on the quark level, which represents a new paradigm for nuclear physics. The model yields results for the ground-state binding energies, electromagnetic properties and shapes of even-even nuclei, from the lightest to superheavy, in agreement with experiment within less than a few percent [1].
I will discuss the latest results obtained for binding energies, deformations and single-particle energies of even-even nuclei in the region of 100 < Z < 110 and their comparison with available experimental data. Extension of the model to nuclei with the atomic number up to 120, predicted shell closures and attempts to identify an island of stability in the superheavy region will be reported [2].

[1] J.R.Stone, P.A.M. Guichon, P.-G. Reinhard and A.W. Thomas,
Phys.Rev.Lett. 116, 092501 (2016)
[2] J.R.Stone, P.A.M.Guichon and A.W.Thomas, https://arxiv.org/abs/1706.01153v1

q944.pdf
九大セミナー | - | -

第943回九大原子核セミナー

2018年2月6日(火) 16:30〜18:00

講師:佐川弘幸 氏(会津大学/理研)

演題:IS and IV pairing correlations and Spin-Isospin Response

場所:ウェスト1号館7階 物理会議室 (W1-A-723室)

概要:
Pairing correlations are one of the most important effects in nuclear structure and reactions.Spin-singlet isovector pairing correlations have been discussed from late 1950s and the spin-singlet superfluidity is well established in several observations such as the energy spectra of even-even nuclei and the moment of inertia of deformed nuclei. It is also known that the spin-triplet isoscalar pairing interaction is much stronger than the isovector one in the nuclear matter calculations. The existence of deuteron certainly proves the strong spin-triplet isoscalar correlations. I will discuss in this talk how we can nd out the effect of isoscalar pairing correlations in spin-isospin response of N=Z nuclei, especially magnetic dipole transitions and Gamow-Teller transitions.

q943.pdf
九大セミナー | - | -

第942回九大原子核セミナー

2018年1月22日(月) 16:30〜18:00

講師:池田陽一氏(阪大RCNP)

演題:"The Tetraquark Candidate Zc(3900) from coupled-channel scat-
tering on the lattice"

場所:ウェスト1号館7階 物理会議室 (W1-A-723室)

概要:
The structure of the tetraquark candidate Zc(3900), which was experimentally reported in e+e- collisions, is studied by the s-wave meson-meson coupled-channel scattering on the lattice.The s-wave interactions among the πJ/ψ, ρηc and DD* channels are derived from (2+1)-flavor dynamical QCD simulations at mπ = 410-700 MeV. It is found that the interactions are dominated by the off-diagonal πJ/ψ-DD* and ρηc-DD* couplings. With the interactions obtained, the s-wave two-body amplitudes and the pole position in the πJ/ψ-ρηc-DD* coupled-channel scattering are calculated. The results show that the Zc(3900) is not a conventional resonance but a threshold cusp. A semiphenomenological analysis with the coupled-channel interaction to the experimentally observed decay mode is also presented to con rm the conclusion.

q942.pdf
九大セミナー | - | -

第941回九大原子核セミナー

2017年12月27日(水) 16:30〜18:00

講師:原田 浩司 氏 (九州大学)

演題:核子系有効場理論 - 繰り込み群と格子シミュレーション

場所:ウェスト1号館7階 物理会議室 (W1-A-723室)

概要:
 原子核を含むすべてのハドロンは、QCDによって記述されるが、低エ
ネルギーの現象に限って考えるならば、クォークやグルーオンは必要な
く、核子やパイオンの自由度で十分精密に記述される。しかし、通常の
核理論的取り扱いでは、基礎理論であるQCDとの関係がはっきりしな
い。核子系有効場理論は「モデル」の(コントロールされていない)不
定性を排除し、QCDとの関係を保ちつつ、系統的に改善可能な枠組み
を提供する。この講演では、核子系有効場理論の基本的な考え方、繰り
込み群による解析が教えてくれること、そして、それを応用した格子シ
ミュレーションについて、あまり予備知識を前提とせずに説明する。

q941.pdf
- | - | -

第936回九大原子核セミナー

2017年3月7日(水) 16:30〜18:00

講師:柏 浩司 氏 (京都大学)

演題:虚数化学ポテンシャルを利用した非閉じ込め相転移の研究 〜トポロジカルな観点から〜

場所:ウェスト1号館7階 物理会議室 (W1-A-711室)

概要:
 本研究では、QCDの有限温度における閉じ込め・非閉じ込め相転移を、トポロジカル相転移の観点から研究した。特に、凝縮系物理分野において近年注目を集めているトポロジカル秩序との類似を利用した。トポロジカル秩序の研究では、基底状態の縮退がその分類で重要な役割を果たす。しかし、その議論はゼロ温度でのみ成立し、非閉じ込め相転移が期待される有限温度への拡張は容易ではない。そこで基底状態の縮退との類似として、虚数化学ポテンシャル領域における自由エネルギーの非自明な縮退による非閉じ込め相転移の定義を提案した。
 虚数化学ポテンシャル領域は、これまでの多くの研究では実数化学ポテンシャル領域を研究するための補助的な量として用いられてきた。一方、本研究では虚数化学ポテンシャル領域での非自明なトポロジカルな構造が重要な役割を果たす。その意味では,、虚数化学ポテンシャルはもはや補助的な量ではなく、その領域での特異な構造を利用することで閉じ込め・非閉じ込め相転移をトポロジカル相転移の立場から定義することが可能となる。
 本講演では、虚数化学ポテンシャル領域で現れる自由エネルギーの非自明な縮退を通じて、どのようにして閉じ込め・非閉じ込め相転移が記述され得るかを説明する。また、その観点に基づく新たな量子的秩序変数を提案する。その秩序変数は、虚数化学ポテンシャルにおけるクォーク数密度の振る舞いを反映し、閉じ込め相でゼロとなり非閉じ込め相でゼロで無い有限の値を取る。更に、非閉じ込め相転移の密度依存性を調べるための第一歩として、アイソスピン化学ポテンシャルでのQCD有効模型を用いた計算を紹介する。具体的内容は下記論文[1]、[2]及び[3]に基づく。

参考論文
[1] K. Kashiwa and A. Ohnishi, Phys. Lett. B750 (2015) 282.
[2] K. Kashiwa and A. Ohnishi, Phys. Rev. D 93 (2016) 116002.
[3] K. Kashiwa and A. Ohnishi, arXiv:1701.04953.

q936.pdf
九大セミナー | - | -
Calendar
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
Categories
New Entries
Recommend
Archives
Profile
Other